<   2010年 07月 ( 45 )   > この月の画像一覧

キンミズヒキ

a0100017_714192.jpg
a0100017_7141615.jpg

「金水引」 バラ科  キンミズヒキ属 (広島県 北広島町)


ちなみに、同じような名前の「ミズヒキ」はタデ科ミズヒキ属の植物です。

[PR]
by k3dmd | 2010-07-30 07:22

ヒヨドリバナ

a0100017_6491529.jpg
a0100017_6495838.jpg
a0100017_6501540.jpg

「鵯花」 キク科  ヒヨドリバナ属 (広島県 北広島町)


ヒヨドリの鳴く夏ごろに花を咲かせるので「ヒヨドリバナ」と言うのが由来らしいのですが、
考えてみると、ヒヨドリは年中鳴いている気もします。

虫たちにも人気の花で、蝶や蜂が次々と吸蜜に訪れます。
運がよければ、渡り蝶の「アサギマダラ」も見られるかも・・。


[PR]
by k3dmd | 2010-07-28 07:03

ヨウシュヤマゴボウ

a0100017_2234732.jpg

「洋種山牛蒡」 ヤマゴボウ科  ヤマゴボウ属 (広島県 廿日市市)


「ヤマゴボウ」と名前がついていますが、山菜の「ヤマゴボウ」はキク科の「モリアザミ」の根のこと、
「ヨウシュヤマゴボウ」は毒草ですから、絶対口に入れないようにしましょう。

小さい頃、山で実を採ってすり潰し、ニワトリの羽根でペンを作って遊んだ記憶があります。
リンカーンのようにはなれなかったなぁ。あの頃は「アメリカヤマゴボウ」と呼んでいました。



[PR]
by k3dmd | 2010-07-27 22:49

クサレダマ

a0100017_5471253.jpg

a0100017_60279.jpg

a0100017_5472692.jpg

「草連玉」 サクラソウ科  オカトラノオ属 (広島県 北広島町)


「クサレダマ」の音の響きは、この花を誤ったイメージに導いてしまい、なんとも気の毒です。

[PR]
by k3dmd | 2010-07-26 05:52

ミゾホオズキ

a0100017_1959837.jpg

「溝酸漿」 ゴマノハグサ科  ミゾホオズキ属 (広島県 安芸太田町)



[PR]
by k3dmd | 2010-07-25 20:01

ノカンゾウ

a0100017_6125683.jpg
a0100017_613121.jpg
a0100017_6132950.jpg

「野萱草」 ユリ科  ワスレグサ属 (広島県 安芸太田町)


八重咲きの「ヤブカンゾウ」よりやや遅れて咲き、夏の濃い緑を彩ります。

朝咲いて夕方には閉じてしまう一日だけの花の命、
「ヒグラシ」の声とともに、物悲しい風情を感じます。

[PR]
by k3dmd | 2010-07-25 06:27

アカメガシワ

a0100017_22145580.jpg

「赤芽柏(雌花)」 トウダイグサ科  アカメガシワ属 (広島県 廿日市市)


a0100017_2215819.jpg

「赤芽柏(雄花)」  (広島県 安芸太田町)


よく見かける木なのですが、なかなかこうしてじっと見ることはありませんよね。


[PR]
by k3dmd | 2010-07-23 22:20

ノリウツギ

a0100017_1844436.jpg

「糊空木」 ユキノシタ科  アジサイ属 (広島県 北広島町)


いつもながら装飾花のある白い花は、慣れないと同定が難しいなと思います。
今の時期、芸北地方で最も幅を利かしている花のひとつではないでしょうか。

名前の由来は、和紙を漉く際に糊料として用いられたところから来ています。

[PR]
by k3dmd | 2010-07-22 18:48

アサザ

a0100017_6112727.jpg
a0100017_6114410.jpg

「浅沙」 ミツガシワ科  アサザ属 (広島県 北広島町)



池の水面に浮かびながら、黄色の花を咲かせる姿は爽快感があります。
改修工事や水質汚濁などの環境の変化に弱く、減少傾向にある植物でもあります。

[PR]
by k3dmd | 2010-07-22 06:27

「ノコギリソウ」と「セイヨウノコギリソウ」

a0100017_211125.jpg
a0100017_2111433.jpg

「鋸草」 キク科  ノコギリソウ属 (広島県 北広島町)



[PR]
by k3dmd | 2010-07-21 21:08