<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フシグロセンノウ

a0100017_701252.jpg
a0100017_702486.jpg

「節黒仙翁」 ナデシコ科  センノウ属 (広島県 廿日市市)


[PR]
by k3dmd | 2011-08-20 21:52

ナツズイセン

a0100017_639044.jpg
a0100017_6391344.jpg

「夏水仙」 ヒガンバナ科  ヒガンバナ属 (山口県 岩国市)
[PR]
by k3dmd | 2011-08-18 01:06

ゲンノショウコ

a0100017_71124.jpg
a0100017_711358.jpg

「現の証拠」 フウロソウ科  フウロソウ属 (広島県 安芸太田町)


「ドクダミ」や「センブリ」、「カキドオシ」などとともに古くからの民間薬として知られています。

赤花と白花があり、西日本では赤花の割合が多く東日本では白花の割合が多いそうです。


[PR]
by k3dmd | 2011-08-08 08:19

キツリフネ

a0100017_791151.jpg

「黄釣舟」 ツリフネソウ科  ツリフネソウ属 (広島県 庄原市)



夕立の去った後、葉の下で雨宿りするように咲いていました。

[PR]
by k3dmd | 2011-08-03 23:25

ウバユリ

a0100017_2115639.jpg
a0100017_21151890.jpg

「姥百合」 ユリ科  ウバユリ属 (広島県 安芸太田町)


ユリ科の花の中でも大きくたくましく存在感のある割りに、
多くの人から興味を示されない存在のような気がします。
少し気の毒だなあと、見るたびに感じるおいらです。

ユリ科の花とは思えない葉ですが、花の盛りには枯れるというのが語源のようです。

しかし、多くの「ウバユリ」を見てみると、ハート型の緑葉が残っていることが多く、
白い花にオハグロのような黒い花粉がつくからでは?と、おいらは勝手に思っています。

[PR]
by k3dmd | 2011-08-01 07:21